中国南西部で大地震、重慶市で大洪水、三峡ダムは大丈夫?

国際情報
Pocket

スポンサーリンク

中国南西部で史上最大洪水が発生、6月に大地震が予測、6月下旬から7月中旬は三峡ダム上流で豪雨が集中、変形した三峡ダムは耐えられるか。

三峡ダムの上流にある重慶市が大洪水で氾濫、小さなダムが崩壊したために、三峡ダムが今危険にさらされています。

中国南部は毎年6月上旬から梅雨に入ります。しかし例年よりも早く6月2日から大雨が始まり、中国南部の11省で風雨が続いています。

 

国家水利部門が公表した現況

6月16日現在11省 148以上の河川が最高警戒線を越えている。
被災者 580万人
死者・行方不明者    39人
転移者  40万人
損害家屋崇  5200件
経済損失    推測不能

都市は、アスファルト、コンクリートで埋め尽くされているため、地下の排水溝が整備されていないために、水があれ、多くの被害が出ている。

たくさんの池が都市化を行うために、埋められてしまったので、武漢市や他の多くの都市でも、洪水の原因になっています。

 

 

24の省で焼く1000万人に影響
農作物の被害面積は、62万2000へくタールにも達している。

 

タイトルとURLをコピーしました