東京五輪21年開催が無理なら中止IOC会長が言及

スポーツ
Pocket

新型コロナウイルスで2021年に延期されたが、21年開催が無理になれば中止すると、バッハ会長

が見通しを述べた。(英BBCのインタビューで)

スポンサーリンク

2021年コロナで出来なければ中止とIOCバッハ会長言及

スポンサーリンク

日本政府の反応

新型コロナウイルスの感染拡大で、海外メディアが相次いで「安倍首相が東京五輪を断念した」と

報じています。

2020年のことではありません。延期になった「2021年」の東京五輪・パラリンピックこのことです。

   安倍晋三首相が参院予算委員会で、東京五輪・パラリンピックの開催に関して「(コロナ禍が)

終息していない中では『完全な形』で実施することはできない」と述べたことが、一気に世界に広

まったようです。

   この発言、日本では大きな話題になっていませんが、海外では、東京五輪は「IMPOSSIBLE」

(不可能)とセンセーショナルな見出しに。ジワジワと広がる「五輪中止論」に、海外メディアは

意外な反応を示しています。

 

スポンサーリンク

安倍首相、森大会委員長は、中止を言っていないのに、海外メディアは中止すると判断した。

安倍首相 参議院予算委員会で。

安倍首相は「収束していない中で、完全な形で実施はできない」と指摘。「安心、安全な大会を目

指す。その意味で、薬、ワクチンの開発は大変重要な意味を持つ」と、発言しました。

真意は

「薬・ワクチンの開発を急いで、コロナウイルスを収束させる」
「だから東京五輪の来年開催は可能」

森義朗大会組織委員長の国内メディアインタビューで

森氏は東京大会について「(危機に対する)人間の挑戦でもある。アスリートの祭典にとどまらない、より大きく重いテーマが課せられた」と強調。日本中がウイルス終息や経済支援、医療態勢整備に全力を挙げている現状を踏まえ「国民の気持ちとかけ離れた五輪にしてはならない」と訴えた。

「2021年に開催されなければ『中止になる』」と述べたことが

Tokyo 2020 Olympics will be ‘scrapped’ instead of delayed again
(東京五輪は、再延期ではなくて中止になるだろう:英BBC放送)

Tokyo 2020 president Yoshiro Mori believes it is a gamble holding the Olympics next summer
(大会組織委員会長の森喜朗氏は「来年の夏にオリンピックを開催することはギャンブルだ」と信じている:ロイター通信)

と大々的に中止のニュースが世界を駆け巡っています。

スポンサーリンク

医療関係者の意見

日本医師会の横倉義武会長

「完全な形」での開催に欠かせないのが新型コロナに対するワクチンの開発だ。

日本医師会の横倉義武会長は日本外国特派員協会の28日の記者会見で「有効なワクチンが開発され

ないと、なかなかオリンピックを開催するのは難しいのではないか」との見解を示した。

 

米シラキュース大学のリック・バートン教授

開催を中止すべきだとの声も上がり始めている。スポーツマネジメントが専門の米シラキュース大

学のリック・バートン教授は、同大学発行のニュースレターで「IOCは21年の夏季オリンピック

を中止することが賢明」との見解を表明した。

 

スポンサーリンク

オリンピック選手の意見

2021年の開催に関して、大坂直美選手と 錦織圭選手は2021年開催に関して、延期になってよか

ったと言っていましたが、中止についてのコメントはまだありません。

 

他の国の選手たちは、2021年の夏の一年延期についての意見として

「疫学者が事態の収束までに最低でも1年から1年半かかると言っているみたいだから、2022年ま

での延期が最良なのでは」

「安全を考えると、2022年がベターだろう」

スポンサーリンク

損失はどれくらい出るのか?

東京オリンピック・パラリンピックが、新型コロナウイルスの影響で予定通りに開催できなくなった

場合、延期は約6,408億円、中止は約4兆5,151億円の経済的損失が推測される。

2020年3月19日、関西大学の分析結果から明らかになった。

 

 

タイトルとURLをコピーしました