脱中国で日本を再生できるか? 世界の潮流は国内回帰へ向かう。

Pocket

スポンサーリンク

世界の製造業国内回帰へ向かう。日本企業の脱中国ができるか、コロナを理由に、脱中国へのこの好機を逸するのか?

スポンサーリンク

世界の製造業が、脱中国化が進んでいる。その理由とは

1.中国共産党政権の独裁的。強権的なやり方に、外国企業は失望

2.中国に過度に依存しすぎていること。
特に今回のコロナ騒ぎで医療機器・医療資材が中国に依存していたために、マスク・防護服・人口呼吸器が十分に行きわたっていない。国内での生産。調達が出来ない。

3.中国の人件費の高騰

2019年 一人当たりGDPが1万ドルを超えている。

4.中国製造2025
ハイテク高付加価値産業へシフトを打ち出している。

 

スポンサーリンク

トランプ大統領 中国のアメリカに回帰を呼びかけ

1.中国と戦うと宣言
世界の覇権争い 侵略行為(東南アジア、アフリカ)香港、台湾への圧力

2.回帰企業に大減税

3.金融緩和 (ドル高防止)

4.規制緩和  (安いエネルギーを供給  シェールオイル)

5.対中国通商政策 (貿易戦争 輸入に高い関税を掛ける)

6.WTO改革  不公平な関係 途上国扱いをやめる

7.軍事的圧力をかける。 台湾、南シナ海 イラン問題

8.中国産業スパイの取り締まり  ファーウエイ 5G問題

スポンサーリンク

対中国通称政策  米中貿易戦争

・中国に製造業を移すメリットをなくする政策

・外国の知的財産を窃取する  ハッカーやスパイなどをやめさせる

・農村戸籍の人達の不当に安しい賃金で雇用している。

・環境規制が緩い   廃液の垂れ流し

・中国の不当なダンピング阻止  中国企業への補助金供与 安値での輸出

・中国の景気対策を国有企業向けが中心

去中国=脱中国

グローバル企業が中国から逃げ出している。

 

スポンサーリンク

中国経済の後退  暴動勃発

 

中国都市部の失業率   2020年2月  6.2%

失業者数    2億人 (民間シンクタンク調べ)

中国の就業者数   7億人

失業率  26%

水間条項TVから

 

スポンサーリンク

ドイツの動き  インダストリ― 4.0

ドイツ「第4の産業革命  全面的なデジタル化

製造コストを大幅削減をする。
工場内外の設備同士をネットで連携
サプライチェーンの最適化

個別の工場の生産コストは中国が優位であるが、

連携する工場は、グローバル化の分散よりも近距離の方が有利になる
生産工程全体のコストを見ると、国内回帰の方が競争力を持つ

 去中国

 

スポンサーリンク

脱中国でよみがえるアメリカ

アメリカは数年前までは、産業の工藤かで日本と同じように苦しんでいた。原因は国内の工場が中国などに移転したことが大きく関連している。

1990年  製造業総雇用者数   1,700万人
2015年    同じ       1,200万人   500万人の減少

クリントン大統領の時(1993年から2001年)に中国寄りの経済政策を行い、アメリカの企業が中国に生産拠点を移したために、アメリカの国民の多くが職を失った。

2016年 雇用を取り戻すというスローガンで、ドナルド・トランプが米大統領に当選。

米企業に中国からの撤退を求め、法人税や中小企業向け税金など、10年間で160兆円規模の大型減税を打ち出した。

海外に置いていた企業が、国内回帰をし、新規雇用と設備の拡充に投資をした。減税スタートから1か月足らずで160社を超える企業が、新規雇用と国内投資、賃上げを公表した。

今年初めまでに700万人の雇用が生まれた。その結果中間管理職の手取りが年間85万円増えた。 また雇用が増えた結果、250万人が貧困層から脱出し、黒人、ひすぱにっくの貧困率も大幅に低い数字となった。

国全体が豊かになったのです。

トランプ政権はオバマ政権より所得を伸ばしている。

  オバマ政権 トランプ政権
マネジャー 2.5% 2.4%
労働者 2.4% 3.0%
上位10% 2.4% 3.3%
下位10% 1.9% 4。9%

 

スポンサーリンク

台湾が国内回帰を成功  3%の経済成長で過去最高の税収

蔡英文が当選し、19年1月に台湾政府が打ち出した国内回帰政策結果、ちゅうごくに進出していた台湾企業が国内に戻ってきた。

アイフォーンの受注をしている鴻海科学集団をはじめ160社が国内回帰を仕、投資予定額は2兆5000億円にのぼる。2021年までに4兆8000億円の新規投資が見込まれ、12万人の雇用増が見込まれる。

企業支援策
・企業が融資を受ける際の金利の引き下げ
・企業が外国人労働者を通常より多く雇用でいるように規制を緩和
・政府が工業用地を斡旋や、工場などの建築許可を簡素化
・政府が電力や水の安定供給などのビジネス環境を整備
・国内投資や中小企業への優遇処置を行った。

3年間で見込まれる国内回帰政策の成果
新規投資 25兆円相当
新規雇用 64万人相当

 

スポンサーリンク

アメリカ・台湾が占める国内回帰の成功のポイント

・国のリーダーが「国内回帰」「愛国心」の大切さを繰り返し訴えた。
・法人税の減税や低利融資などで、企業が自国に戻るメリットを作った。
・資金難や人材不足など、企業が国内回帰する際の障壁を解消した。
・国民の意識として、「儲かればいい」という利益至上主義から決別した。

 

 

タイトルとURLをコピーしました