藤井聡太7段の最新の成績タイトル奪取の可能性と勝負飯?

イベント情報
Pocket

将棋の藤井聡太七段(17)が6月8日、東京・千駄ケ谷「将棋会館」で行われる、第91期棋聖戦5番勝負第1局で、初のタイトル戦に臨む。

スポンサーリンク

藤井聡太7段は、タイトル戦挑戦の史上最年少挑戦記録を4日上回る31年ぶりに更新することになります。

 

スポンサーリンク

藤井七段の主な最年少記録の一覧です!

スポンサーリンク

藤井7段の最新の戦い

2020年度 4勝0敗

 日付 棋戦 対戦相手 勝敗
2020/06/04 棋聖戦 決勝 永瀬拓矢2冠
2020/06/02 棋聖戦 準決勝 佐藤天彦9段
2020/04/10 王位戦挑決リーグ3回戦 菅井竜也8段
2020/04/03 竜王戦3組R戦準決勝 千田翔太7段

2019年 53勝12敗 (勝率:0.815)

これからの対局予定日

2020/6/8 棋聖戦 渡辺明3冠
2020/6/10 王座戦 大橋貴洸6段
2020/6/13 王位戦 阿部健治郎7段
2020/6/20 竜王戦 杉本昌隆8段
2020/6/23 王位戦 紅組優勝者
2020/6/23 銀河戦 郷田真隆9段 
2020/6/24 順位戦 佐々木勇気7段
2020/6/28 棋聖戦 渡辺明3冠(第2局)
2020/7/8   順位戦 橋本崇戴8段
2020/7/9  棋聖戦 渡辺明3冠(第3局)
2020/7/18 JT杯  菅井竜也8段

こうしてみると結構対局が多い中でのタイトル挑戦こなしていかなくてはなりません。
大変な体力勝負となりますね。

果たしてこんなスケジュールで、高校卒業できるのかしら?

卒業できるのかどうか 関連記事はこちら

 

棋聖戦5番勝負日程】

◆第1局 6月8日、東京・千駄ケ谷「将棋会館」
藤井7段 初勝利 157手で渡辺明棋聖(36)=王将、棋王との3冠=を下し、タイトル戦初勝利を挙げた。終局は午後19時44分。持ち時間4時間のうち、消費時間は藤井、渡辺ともに3時間59分だった。


◆第2局 6月28日、将棋会館

◆第3局 7月9日、東京都千代田区「都市センターホテル」

◆第4局 7月16日、大阪市「関西将棋会館」

◆第5局 7月21日、将棋会館

 

スポンサーリンク

羽生善治9段の予想

羽生善治9段は、両者をどう見ているのでしょうか?

と渡辺3冠は「充実著しい」をと評価し、藤井7段については棋聖戦準決勝(2日)、と決勝(4日)とも「結果だけでなく内容も高度」だったと評価しました。

藤井7段は、17歳10カ月20日でタイトル戦出場の最年少記録を樹立。タイトル挑戦の決勝で永瀬戦について「最高峰の戦いでした」とし、藤井の勝因について「見切りが素晴らしかった」。

どちらが有利か、不利かには明確にしなかったが「かなりの激戦」と予想をしています。

ポイントとして挙げたのが勝負勘だ。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、4月10日に関西将棋会館で王位戦挑戦者決定リーグ白組で勝って以来6月2日が自己最長53日ぶりの対局だった。

渡辺棋聖も3月25、26日に、新年度は5月1日の1局のみで、今回が久しぶりの対戦になる。

一方藤井7段は、6月2、4日の結果を見ても、「藤井7段は、ブランクがあっても問題ないが渡辺さんは久しぶりの対局となるので、渡辺さんはでき次第」

渡辺とはタイトル戦を通算9度戦い、羽生の4勝5敗。
一方、藤井とは昨年10月の王将戦挑戦者決定リーグなどで対局し、0勝3敗。
「一手一手読みが入っていた印象。非常に力強く指された」と脱帽した。

5番勝負を前に、渡辺・藤井は対戦経験がある。昨年2月の朝日杯オープン戦決勝で藤井が勝って連覇を達成した。ただ、朝日杯の持ち間は40分。今回は4時間ある。「持ち時間が違いますから。本当にどっちが勝ってもおかしくない」と強調した。

スポンサーリンク

勝負飯は何?

 

藤井聡太7段は、カツカレー 渡辺明棋聖は、うな重です。

タイトルとURLをコピーしました