中国富裕層が狙う日本の旅館を爆買い中!中国人が爆買いする理由とメリット  

コロナ
Pocket

スポンサーリンク

中国の富裕層が箱根、富士山周辺の高級旅館を狙らい、爆買い中

 

今中国の経済が崩壊するなか、中国の共産党幹部や超富裕層が自分の資産を保全するために、コロナで経営不振で困っている日本の有名な温泉旅館を購入している。

日本の物件を手に入れることで、日本からの永住権の権利、ビザが容易に手に入ることも、中国崩壊後日本に住むことができるというメリットもついてくることが、今買収に走っている原因でもある。

以前にも北海道の水源地のある土地や、観光地などを中国人が買っていると話題になっていましたが、日本人が観光や湯治場として親しんでいる土地や建物にも触手を伸ばし始めています。

日本の文化を守るためにも、外国人による土地や建物を購入を規制する法律が必要です。多くの国では、外国人への土地所有に対して、規制をしています。中国でも外国人は土地を購入することはできません。

日本も早く同じように外国人に日本の土地を売れないようにしないと、日本のある地域が、中国人に占拠され、その地域は中国人の町になってしまいます。


サンフランシスコの中華街の様子。

スポンサーリンク

外国人の日本領土の買収が止まらない

外国人にとっては、べらぼうに安いから!

日本政府は北海道のインフラ整備に何兆円もかけてきました。日本では、道路、電気、水道が整ってる土地って当たり前ですよね。

過疎化や無人化が進み日本人にとっては無価値な土地も、外国人にとっては、べらぼうに安いわけですのです。

中国人の土地買いは、全国に及びますが、北海道、沖縄、長野は異常なほど多く、目立ちます。

水資源目当ても多いですし、太陽発電目当て、そして木材目当ても多いです。日本の資源って無限なんでしょうか…

中国にとって、日本を侵略することを目的に、空港や自衛隊基地の近くの原野買いも目立ちます。

千歳市や富良野周辺、釧路周辺、沖縄の宮古島なんていい例ですね。


2018年7月28日 ザ・ファクト のレポート

新千歳空港の隣。 1000軒の高級別荘地。 900ha以上のゴルフ場ー。 今、北海道では中国の土地買収が進んでいる。 その実態を現地からレポートします。
【出演】 里村英一(幸福の科学広報局) 森山佳則(幸福実現党北海道本部統括支部長)

日本を守る、国防という見地からも、早く日本にも規制をもうける、法律の整備が求められます。

中国、タイ、フィリピン、インドネシアなどでは、外国人が土地を買うことがそもそも禁止されてます。

 

スポンサーリンク

土地の登記は、義務付けられていない。

日本は!登記が任意だから! これが一番の原因ですね。

もう一つの目的が資産の移転だ。中国の富裕層は国内だけでなく、海外にも資産を分散して保有している。中国国内の不動産市場が冷え込み、海外に資産を移す動きが加速している。不動産価格が下落している日本は、彼らにとって有力な候補地になっています。

誰が買ったのかを隠すことができるので、マネーロンダリングや資産隠しの手段として使いやすいことがかっれらにとっては魅力になっています。

スポンサーリンク

外国人が観光ビザで日本の領土を買収できる。安倍首相に規制するように要請しましょう。

外国では登記が義務付けられています。日本も早く土地の名義の登記を義務付けるのと同時に、外国人への販売を規制すべきだと考えます。

法律に法律に相互主義や防衛施設の横は外国人は、土地を買えないという法律があるのに、なぜ中国は土地を買っているのか?

法律で、土地の名義が変わったら、必ず変更登記をい義務付けるのと、外国人の場合は、原則取得禁止を規定し、安全保障上問題がある土地については、事後であっても購入価格で国が買い上げるようにしましょう。


総理官邸ホームページや安倍総理と麻生副総理にガンガンメールで、外国人が土地を買えないように官邸主導で法律や規制する仕組みを作るようにで要請してください。

ご意見募集(首相官邸に対するご意見・ご感想)
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

安倍晋三首相ツイッターアカウント
https://twitter.com/AbeShinzo

安倍晋三首相フェイスブックアカウント
https://www.facebook.com/abeshinzo

タイトルとURLをコピーしました