緊急事態宣言延長の可能性 知恵袋に問い合わせ多数

政治
Pocket

西村経済再生担当大臣は、25日夜の「NHKスペシャル」で、来月6日までの緊急事態宣言の期間を延長するかどうかについて、今週半ば以降に専門家から外出自粛の効果などの分析を聴いたうえで、混乱が生じないよう、ある程度前もって判断したいという考えを示しました。

この中で、西村経済再生担当大臣は、新型コロナウイルスの感染状況について、「爆発的な拡大にはつながっていないというのが専門家の判断だ。ただ、人との接触機会の8割削減ができているのか、分析も示してもらいたい」と述べ、今週半ば以降に専門家から外出自粛の効果などの分析を聴く考えを示しました。

そのうえで、来月6日までの緊急事態宣言を延長するかどうかについて、「できるだけ混乱が生じないように、前もって考え方を示す必要がある。適切なタイミングで、専門家による『諮問委員会』を開いて判断したい」と述べました。

NHKのニュース記事から引用

スポンサーリンク

ヤフー知恵袋に多数の問い合わせが寄せられている。

具体的な質問は

・緊急事態宣言は9月まで続きますか?
・緊急事態宣言はいつまで続くと思いますか?
・緊急事態宣言が延長されたら、学校休校も延長されるのでしょうか?
・緊急事態宣言で、休業要請や指示を受けた場合、従業員を休ませても、休業手当は支払わなくてもてもいいのでしょうか?

多くの人が心配の声が殺到しています。

スポンサーリンク

専門家の意見を聞いて判断する 医者の意見は正しい判断か?

専門家会議に参加している専門家は、感染症に詳しい医者が多い。経済の専門家が吐いていないことが問題点。

そこに参加している国際医療福祉大学の和田教授によると、「5月6日の解除は、個人的にはないと考えている。

もう少し時間が絶たないと効果を評価できない。」と述べています

しかし医者の立場からすれば、コロナウイルスに効く薬、ワクチンはなく、5月6日までにコロナを終息するとは言えないと思います。

お医者さんは、経済のことはわかりません。国家の今後の運営や日本の国家財政のこともわかりません。

「経済的破綻で家庭を維持できない、食べるものを買うお金がない。」そんな経済破綻のことを、経済のわからない医者に、緊急事態宣言の延長のことまで判断させていいのでしょうか?

緊急事態宣言 5月31日まで延長決定。

世界の国では、経済活動を開始している。
日本でも一部の感染者の少ない県では、一部経済活動を開始した。

人口の多い東京、

 

スポンサーリンク

このまま緊急事態宣言を続けると、経済が破綻してしまう。

政府は、不要不急の場合以外には、家から出ないでください。
お店も休んでください。と言っています。

多くのお店が、シャッターを閉めて、じーと我慢しています。

しかし、全国民に10万円を支給しても、中小の飲食業や散髪屋さんや美容院など営業できなければ、家賃も払えず、多くのお店が廃業に追い込まれていしまいします。

休んだから、政府が休業補償をしてくれるわけではありません。

昨年の売り上げに比べて、50%以上落ちていたら、国民金融公庫などの政府系金融機関、あるいは、各都道府県の信用保証協会の特別枠の保証で、金融機関から低利の融資が用意されていても、店を開けることが出来ず、商売が出来なければ、返済することもできません。

持続化給付金

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けた、中小企業などに最大200万円を支給する「持続化給付金」は、8日から順次振り込みが行われます。申請はこれまでに40万件を超えています。

スポンサーリンク

アメリカのトランプ大統領 経済活動を20日から再開すると発表

米 経済活動再開の動き、 トランプ大統領が早期回復を期待


「感染のピークは越えた」「早期の経済活動再開を」というような“前向き”な発言が、トランプ大統領や政治家たちの間で、目立つようになってきている。

これを受け、全米各地では、外出制限下で経済活動の再開を訴えるデモが相次ぐという事態まで起きている。

日本も、5月6日から制限解除をして、経済活動を再開しないと、大恐慌や、中小企業だけではなく、大企業も倒産し、失業者があふれてしまうことになると心配します。

スポンサーリンク

世界恐慌を止めよ アメリカの超大型中小企業支援

CARES法 3.27 米国

緊急経済対策  総額2兆ドル (約220兆円)の中身

給与保護プログラム Paycheck Protection Program (PPP)  37兆円

 

給与や家賃等すべてのコストへの融資、給与、家賃、光熱費は、返済免除=給付
雇用を維持ししながら休業した企業を支援 最大1000万ドル 約11億円
政府が肩代わり

 

日本の政府の政策と比べて、アメリカの政策は素晴らしい。具体的な中身については、
及川さんの解説動画をご覧ください。

 

スポンサーリンク

自粛をやめて、不況対策、サバイバル術

2020年4月24日開示の大川隆法「コロナ不況下のサバイバル術」は、生き残りを賭けて必聴の御法話。 コロナ対策に関しても、実に具体的な方法がたくさん説かれます。

経済対策については、各自がサバイバル法を考えよという方針が示されましたので、幸福の科学の支部、精舎で聞くことが出来ます。

大川先生のお話の一部をご紹介します。

家にこもれ、外に出るな。 仕事を休め
もしこの方針が間違っていたら、日本の経済は壊滅状態になる。

個人事業の場合のサバイバル術

2つの方法がある。
お店を持っている人は、店を開けるべきである。リスクを取って働く。
飲食系 デリバリー テイクアウトを考える。
オンライン販売  ネット通販 注文殺到 24時間売れる。

政府の言うことを聞くなら、将来の自分はどうしいたらいいのかを勉強する

すごもりするなら、
自力でサバイバル術を考えよ
将来やらなければいけないことの準備の勉強をする。

幸福の科学の会員の方のyoutube をご紹介しますので、ぜひ見てご参考にして下さい。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました