コロナ大恐慌に備え、また生き抜くため考え方 セルフヘルプの精神

マインドセット
Pocket

スポンサーリンク

あなたは政府に頼りますか?  セルフヘルプ(自助努力)で生き抜きますか?

 

 

明治維新の発展の基礎となった考え方 自助努力

「天は自らを助けるものを助く」  サミュエル・スマイルズ 自助論

イギリスの発展は、自助努力によって発展したと言われています。

徳川幕府末期に、英国に派遣された中村正直は、

「同じ小さな島国なのに、なぜ英国と日本はこれほどの差があるのか」

を知りたいと考えていました。幕府が倒れ、帰国命令が出て帰る前に、

イギリスの先生から、イギリスで一番読まれている本と言えば、

聖書の次に、サミュエル・スマイルズの 「 Self Help 」(自助論)であると言って

一冊の本を手渡されました。

彼は帰国後翻訳して出版したのが「西国立志編」という本である。

当時の明治時代の100万部以上の大ベストセラーとなり、明治維新発展の元になった。

スポンサーリンク

コロナ大恐慌を恐れ、また脱出するために助けを国に求めるな。
自助努力でこの不況をサバイバルしよう。

大恐慌になる原因は、不況を怖がる心から、ますます大恐慌が加速していく。

政府にぶら下がる精神
政府が何とかしてくれる。政府から助成金をもらう

人だより、政府頼りでは限度があり、その依頼心では、大恐慌は乗り越えられない。

1929年から起きた大恐慌を乗り越えた考え方、

1933年3月4日に行われた、アメリカ大統領ルーズヴェルトは、就任演説の冒頭で「我々が恐怖すべきことはただ1つ、恐怖そのものなのである」と述べ、世界恐慌に襲われた米国経済を再建するために、恐れず前進するよう呼び掛けた。

恐怖心が、病気、コロナウイルス・貧乏神を引き寄せる。

自分の力で解決しようと動力している人には、天上界は助け船を出してくれます。

「天は自らを助けるものを助く」

サバイバル術

自助の精神を持つ人が多い国が繁栄します。

ノーマン・ビンセット・ピール牧師(アメリカ)

The Power of Posibility  Thinking

「目の前の事実がどんなに困難で絶望的だとしても、それは重要ではない。

重要なのは、その事実に対する私たちの姿勢だ。

それからポジティブなもっていれば、その事実を変えられるから。」

スポンサーリンク

どんな時にもポジティブに考える。

心のチキンスープ(ベストセラー本)  Chken Soup in Seoul  ジャック・キャンフィールド

「人生の責任を100% 自分で持とう。」

事例

ロサンジェルスにある自動車のディーラー レクサスの販売店

非常繁盛していたが、湾岸戦争の影響で全くお客さんが来なくなった。

しかし戦争のためにだめになったお考えず、何か解決を模索し考えた。

お金持ちが集まているパーティーへ車を持っていき、

そこで試乗をしてもらい、レクサスの良さを感じてもらい、

レクサスの売り上げが戻った。

デール・カーネギー

運命がレモンをくれたら、それからレモネードを作れ。

レモン = つらい経験

幸福の科学の本  「鋼鉄の法」 大川隆法著 失敗談を集めた本

失敗やつらいことが起きたら、そこから次の仕事のヒントにできないか?

同じ失敗をしないようにできないか

自分自身に役立つようにするためには、どうしたらいいのかを考える。

 

スポンサーリンク

自分自身の心と対話する(自問自答)

失敗をなぜうまくいかないのか

ナポレオン・ヒル 著書「悪魔を出し抜け」

自分の悪魔との対話  自部の心のにいる悪魔  不況・恐怖・絶望を撃退する

一人になる時間・空間を見つけ

一人目をと指示て深呼吸を繰り返す

 

自問自答する

立志

私は政府や他人に頼るのではなく、

自分のことを自分で守るつもりか?
ポジティブ思考

私は、目の前の事実が買えられないと思っているか?

ポジティブに考えることを忘れていないか?

今の失敗を二度と繰り返さないようにするには、改善点はどうするのか?

 

スポンサーリンク

まとめ

「天は自らを助けるものを助く」

自助努力で今の私に降りかかっている困難は、すべて私の責任である。

この苦難、失敗をカバーするために、改善することはないか?

自問自答し、解決しようと努力していれば、

自然とひらめきやヒントが天井界から下ろしていただける

あるいは協力者が現れる、友達の話の中でヒントをもらえることもある。

 

いつも人に頼り、政府の援助を求める、景気が良くなるのを待つ

などしていては、自分に力がついてきません。

自分で何とかできないか、ゆっくり考える時間を取りましょう。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました