北京第2波「コロナ患者」2万4536人中死者2103人!中国人入国禁止にすべき

Pocket

スポンサーリンク

政府はこれまで特段の事情で中国人を日本に入国を許可していた。

6月27日アバロネット(アメリカ)の報道によると
北京が新型コロナの感染 第2波が拡大している。
2万4536人が感染 うち2103人が死亡した。

特段の事情で中国からの入国を認めるべきではない。

6月25日 特段の事情で日本に入国している外国人が、844人そのうち何人が中国人なのかがわかりませんが、半数くらいは中国人だとみられている。

6月1日~25日まで、特段の事情で入国している外国人の数15,988人 5月1か月で14,227人がはいってきている。

日本国民の命を守るために、今すぐ、特段の事情を認めるべきではない。

これまでの武漢肺炎が、突然変異でよりウイルスが強力になっている可能性がある。
今開発している薬が全く効かない可能性がある。
北京ではアビガンも投与できるようになっているがコロナの拡大に歯止めがかかっていない。

6月に入ってからの死者数2103人、一般病院のみの数字である。301病院など(共産党幹部の専門の病院や人民解放軍の病院)の死亡者数は含まれていない。

特段の事情廃止の要請先

■総理官邸ホームページや安倍総理と麻生副総理にガンガンメールで要請してください。

ご意見募集(首相官邸に対するご意見・ご感想)
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

安倍晋三首相ツイッターアカウント
https://twitter.com/AbeShinzo

安倍晋三首相フェイスブックアカウント
https://www.facebook.com/abeshinzo

小池さんにも都民の命を守ってくださいと、要請しましょう。

■都政への意見(下記URLクリック後に、「メールフォームへ」をクリックしてください)
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/iken-sodan/tominnokoe/index.html

小池百合子都知事ツイッターアカウント
https://twitter.com/ecoyuri

小池百合子都知事フェイスブックアカウント
https://www.facebook.com/yuriko.koike.96

 

スポンサーリンク

感染が拡大してから北京指導部メンバーはどこに行ったのか?

共産党幹部は、北京から逃げていなくなっている、

 

新唐人テレビから

北京では、市民が北京から出ることを制限している。都市封鎖と同じだと市民は言っている。

住民229万人に核酸検査を実施した。
北京では、野菜が例年の3倍以上値上がりをしている。

感染拡大に関する言論統制も厳しく行われている。

北京は6月11日に新たな感染拡大が始まってから、公にはロックダウンしたと発表していませんが、実際には市民の出入りを厳しく制限しており、核酸検査の証明書がなければ北京を離れることもできません。当局による言論統制も厳しさの一途を辿っています。同時に、人々は当局の指導部の幹部が公の場に姿を表していないことに気付きました。 6月23日、中国鉄道北京局は記者会見で、北京を離れる場合の管理をさらに強化すると発表しました。5月30日以降に、新発地市場(しんはつち・しじょう)に出入りした人や市場の職員や販売員およびその濃厚接触者、高リスク地区の住民は北京から出ることが禁じられています。全ての市民に対し、必要がない場合は北京を離れないように要求し、どうしても離れる必要がある場合、7日以内の核酸検査の陽性証明書の提示が義務付けられています。現在、北京駅発着の列車の数も大幅に減り、利用客もかなり減少しています。

 

タイトルとURLをコピーしました