中国発世界大恐慌に備えよ コロナどころではない。

政治
Pocket

スポンサーリンク

コロナにかかる心配よりも、世界大恐慌に備える対策をすぐにかかれ

政府は緊急事態宣言を5月31日まで延長する方針を固める

 

緊急事態宣言 対象地域
東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡を対象地域とした。

対象地域となる7つの都府県の人たちに対し、

「密集・密閉・密接」の「3密」を避けること、

人との接触を8割減らすこと、それに

人と接触する外出は1日1回

「3密回避と接触8割減と外出1回」をキーワードに、感染拡大を防ぐ対策を徹底してほしいとしました。

さらに感染に気付いていない人が、ほかの地域に移動すると、その先で感染を広げてしまうおそれがあることから「とどまって守ろう」と呼びかけました。

緊急事態宣言の延長が正しい政策かどうかの関連記事

 

スポンサーリンク

自粛ムードでおとなしくして、家で巣ごもりしている時期ではありません

東京の友人の話によると、東京はどこも閉まっていて、まるでゴーストタウンのようだ。
このまま東京、大阪、など日本の主要な経済拠点の麻痺状態が続くと、もっと怖いこと、大きな危機を迎える心配があります。

中小企業、零細企業の倒産

経営体水質の弱い中小企業、零細企業は、売り上げなし、

現金収入が途絶え、人件費、家賃、仕入れ代金の支払い資金繰りが回らず倒産

手形を切っている所は、手形決済が出来ず、不渡りの発生で倒産する企業も多く出てくるでしょう。

会社は生き物  企業は存続してこそ企業の目的を果たすことが出来ます。

企業の目的は、人々を幸福にするため、商品、サービスを提供をする。そして商行為を通じて地域社会や国に貢献することでその存在価値があるのです。

利益は、企業をを存続させるための条件、 人間の血液のようなもの。

くるくる体中を回ってこそ人間は生きることができます。

それと同じように、収益が出続けることで、企業は存続することができます。

 

企業の倒産で失業者の増大

人間がコロナウイルスで亡くなる人数よりも、企業倒産による失業者の増大が発生

これから来るだろうと予想される大恐慌により、大企業の倒産で、さらに
多くの人が失業し、収入が途絶えることで、食料を購入できない。餓死、自殺者のさらなる増大が考えらる。

スポンサーリンク

世界大恐慌への備えはできていますか?

中国はウイルス兵器による攻撃を仕掛けたか?

武漢を発生源としたコロナウイルスの拡大、中国政府の当初の情報の隠ぺいによる感染拡大の責任の追及。

当初武漢で発生したウイルスの種類と、アメリカとヨーロッパで拡大しているウイルスの種類が違うこと。アジアでの死亡率と、アメリカ、ヨーロッパでのコロナの死亡率が、大きく違うことで、別のウイルス菌を撒いた可能性を調べています。

新型コロナ発生源は武漢の研究所、証拠あるとトランプ氏 対中関税も示唆

【5月1日 AFP】ドナルド・トランプ米大統領は4月30日、新型コロナウイルスと中国武漢の研究所を結び付ける証拠があると主張し、新たな対中関税を課す可能性をほのめかした。

武漢ウイルス研究所が新型ウイルス発生源だという強い確信を抱かせる何らかの証拠を見たのかと記者から問われると、トランプ氏は「そうだ、見た」と答えました。

またヨーロッパ、アメリカで広がるコロナウイルスの配列が明らかに違うとの専門家の発言等から、アメリカは中国の生物兵器による攻撃があったかどうかを調査をしている。

スポンサーリンク

中国への報復攻撃の可能性がある。

もし中国の生物兵器の攻撃があったことをつかんだ時点で、中国武漢のウイルス研究所や主要都市への報復攻撃があるかもしれません。

 

中国に進出している企業は、一日も早い撤退をすべき

中国に自社の製品、あるいは仕入れた商品を輸出し販売している企業は、中国での売上がゼロになった場合に、資金繰りがどうなるかを確認してください。

また中国からの商品を輸入している商品がストップしても、他のところで部品や商品を購入できるかどうかを確かめ、購入先がないのなら、早急に国内で供給先を見つけてください。

日本の自動車産業 日産、ホンダは武漢に進出しています。そしてサプライチェーン(供給網)の部品メーカーから部品の供給が停止したために日本の組み立て工場が生産できない状態に落ちいっています。

また住宅業界でも、家の備品、トイレや台所のキッチンが、中国からの輸入が出来ないので、家の建築にも支障をきたしていると困っています。

今後アメリカと中国との覇権争いが激しくなり、戦争状態になる可能性を考え、早急に撤退を考えてください。

アメリカの中国に進出している企業は、トランプ大統領の指示で、生産拠点を中国から引き揚げる。中国政府による知的財産権の侵害、サプライチェーンとして信頼が出来ないという理由で、中国から撤退をし始めています。

また中国在住のアメリカ人を早急にアメリカに帰れと指示を出しました。

脱中国でアメリカは3年間で700万人の雇用が増え、中間管理者の手取り収入は90万円近く増えている。

また台湾でも蔡英文総統の取った「国内回帰政策」のおかげで、中国から台湾に企業が戻り、3%台の経済成長を達成、過去最高の税収を達成した。

日本は、アメリカと中国を天秤にかけています。今もなお中国政府の顔色を見ながら、便宜を図っています。

中国のコロナのせいで、日本の国民が困っています。

今こそ日本は中国と決別する決断をしなければいけません。

 

スポンサーリンク

会社の現金、預金は、月商の何か月分を持っていますか?

中小企業だと、月商の1か月分もないかもしれません。

今すぐ銀行から長期借入金を借りるようにしてください。

コロナ対策で無利子、無担保で借りることが出来ますので、日本政策金融公庫、各県の信用保証協会で保証枠いっぱいで、借りれるだけ借りて、手元資金を潤沢に持っておいてください。

借入できる最大限の額まで借りてください。

業績がいい会社であっても、業績が悪い会社は特に急ぎます。
とにかく今することはお金を借りておくことです。

大恐慌の時代には、少しでも多くのキャッシュ(現金)を持っておくことが大事です。銀行が貸してくれる額の最大額で借りてください。

「実質無借金経営」預金と株券、国債などの有価証券を担保で借りてください。現金と有価証券で借入金をいつでも返せる場合でも借りる事です。

返せるお金があるのに、それと同額のお金を借りるのでむだなように見えます。しかし恐慌で、商品が売れなくなり、現金が入ってこなくなる場合もあり得ますので、資金的余裕ほど大事なものはありません。

大恐慌になると、銀行は貸してくれません。コロナ対策貸付で簡単に借り入れができる今だからできるのですから、すぐに銀行に相談してください。

 

スポンサーリンク

不採算部門の整理

赤字を垂れ流している部門はありませんか?  もしあれば早急に撤退してください。将来性がない場合はすぐにやめる決断をして下さい。

使っていない建物、工場、有休資産などがある場合は、売れる時に売って現金に換えて下さい。購入額よりも、売却金額の方が低い場合でも、売って損失を出してください。特別損失を出すことで、今期の利益と相殺することで節税ができ、その分現金が残ります。

スポンサーリンク

売掛金、受取手形の先の与信管理をしていますか?

販売先の倒産などがあると、資金が回収できず、手元資金が減ります。営業担当者に任せきりにせず、得意先を表敬訪問をして、変な噂がないか、商品は売れているか、相手の社長の顔や、従業員の顔、お店の活気状況などを観察して、信用状態を自らつかむことも大切です。

万一倒産発生た時、中小企業倒産防止共済に加入して、倒産による損失をカバーする方策も取っておいてください。

お客様の動向と資金の動きを必ず見ることが社長の役割

絶えず万一のことを考えつつ、将来の儲けの種を見つけること。大不況期、大恐慌期は、資本家の入れ替えが起こる時期だとも言います。大企業がつぶれる代わりに、経営理念がぶれず、真理企業、多くのお客様に愛される企業であれば、つぶれる心配はありません。

嘘偽りのない、天に恥じることのない、誠実な企業、神仏に愛される企業がこれから伸びる企業になります。

備えあれば憂いなし

頑張りましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました