瀬戸大也選手の強さの秘密・習慣、マインドセットを学びたい。

瀬戸大也 スポーツ
Pocket

スポンサーリンク

瀬戸大也は日本のエースとして期待されている

 

瀬戸選手は数々の金・銀・銅のメダルを、
取り続けている。

トップアスリートとして成功し続けているその
秘密、マインドセットを学び、
我々のビジネスに生すことができないだろうか?

それを学ぶために、彼の習慣、マインドセット
彼の行動を通して学んでいきたい。

スポンサードリンク



最高に集中できる環境を作る

集中できる環境になると、仕事の効率が上がる。

生産性がアップする。効果、成果を得られる。

自分の目標とする結果を得ることができるようになります。

 

集中する環境・Zoneに入る方法

Zone とは、物事を最高に集中できる状態のことで
最大の効果を発揮できる状況のことを言います。

周囲の音が聞こえないようになる。

普通の人は、なかなかZoneの状態に持っていくことは
難しいので、成功者がやっている習慣、方法をまねる
ことが必要です。

瀬戸選手がやっている方法は、ヘッドホーンで音楽を聴く
Bozeのヘッドホーン (ノイズキャンセリング機能があるもの)
を愛用している。

周囲の音、歓声などが遮断できるので、
自分だけの世界に入ることができる。

音楽は、心を静め、体の酷使からくる
辛さをやわらげる効果がある。

集中できるので、仕事やレースの集中して
雑念が浮かばないので効果が高まる。

スポンサードリンク

ポジティブシンキング

1.ゴールの設定 明らかに目指す最終の目的地を
明確にする。

中間地点を設定する。

どのような工程で、どのように達成するのかを
明確にする。

 

2.うまくいかなかったとき
どこがダメだったのかを考えてみる。
逆にどこがうまくいったのかを上げてみる。

3、苦手な点、自分の弱い所はどこかを明確にする
弱みを一つ一つつぶしていく
弱みを克服していくほかに近道はない。

4.いつまでに克服するのか
どのようにして
中間目標は、どのような状態か
トライ&エラーを重ねていく

 

5.苦手から逃げたいと思うとき
自分がプラスになる絶好の機会だ

6.楽したい  目標達成はできない
苦手をつぶす  土台を固めることになる。

7.失敗から学ぶ   トレーニング方法を見直す

8.日々のルーティンワークを崩さず、毎日やる

9.不可能だと思わず強いマインドセットを持つ

10.ルーティンをこなし、達成できると信じて前に進む

11.ポジティブシンキングは、マインドセットが崩れない方法

 

6つのルーティンで集中力を維持する。

1.コーヒーは試合の時だけ飲む。  普段は飲まない。
コーヒーは交感神経を活性化し、集中力を高められる。
強心・末梢神経拡張効果があるので、
運動時の効果をアップできる。・

カフェインを飲まないのは、カフェインの効果が
薄くなるのを防ぎたいからでもある。

 

2.試合の時だけ、朝・昼・晩にチゲスープを飲む

加唐辛子で体が温まる。
アドレナリンが出て、集中力が高まる。

3、同じ音楽をリピートして聴く。
自分の世界に入り込みやすい。

4.予選と決勝の間に90分間睡眠をとる
気分をリセットできる。
寝すぎない

5.ポジティブシンキング
ネイティブな発言をしない
大舞台でもプレッシャーに勝てる

6.家では集中しない   リラックスするところ

7.近くの神社に、お参りをして、

帰宅した時にはお礼参りを必ずする。

 

 

タイトルとURLをコピーしました