新型コロナの陰で忍び寄る食料危機・危機・飢餓・暴動・戦争

コロナ
Pocket

スポンサーリンク

国連食糧農業機関(FAO)が警告

多くの食料があるのに食料危機になる恐れがある。


原因

輸出規制。物流の停滞。買いだめ。備蓄。労働者不足。害虫

 

米・小麦(供給)の面では
多くの国で価格が急上昇している。

原因は 生産国の食料確保による輸出規制 ⇒ パニック買い

インド コメの最大の輸出国
ロシア 小麦の最大の輸出国

この両国が、自国の国民の食料確保のために、輸出規制を始めている。

 

新型コロナが原因で、貿易寸断、ロックダウン,輸送困難

 農産物が放置されたまま腐っている。

 

新型コロナで経済が縮小(需要)面では

原油価格の下落、観光不振・・⇒ 所得の減少・喪失

⇒ 食糧が買えない

 

スポンサーリンク

国連世界食糧計画(WFP)の警告

今まで   需要か供給かの危機のどちらか

今回    需要と供給の危機が同時

未知の領域  1億3000万人が飢餓

豊かな国・貧しい国 問わず

今後何か月、何年間か
食料確保が厳しくなる

 

日本の食料自給率 37%ですので、日本も食料が確保がむつかしくなる。

インド

ジャガイモ 価格が 27%上昇

世界最大のコメの輸出国  通常の出荷 15%~20%
米がたくさんあるのに、物流の問題で輸出が出来ない

今まで、2~3日に1隻だったのが、2週間に1隻

畑でトマトやバナナが腐ってしまった。

もう食糧を買うお感もない、お金がなければ、

次の季節に向けた作付けもできない。

 

フィリピン

世界最大のコメの輸入国

ドゥテルテ大統領
「食料安全保障は、社会経済的、政治的安定を維持するカギだ。

それを無視するなら、自らが責任を負うことになる。

我々にとって最も喫緊の優先課題は、国民のために十分な

米の供給を確保することだ。

 

ベトナム

米の輸出国3位

3月はすべてのコメ輸出出荷を停止
⇒ 今は再開

ロシア

世界最大の小麦の輸出国

7月まで輸出停止

 

エジプト

世界最大の小麦輸入国

8か月分備蓄するために、フランス、ロシアから大量に買い付けた。

⇒ 小麦の国際価格を押し上げた原因

 

コンテナ船  30%船が動いていない

港についても税関、検疫が閉鎖しているので

⇒ 手続きが遅れている  ⇒  積み荷が腐っていく

 

航空

旅客便 85% 欠航
航空貨物 35% 低下

 

日本などの豊かな国は

高い輸入価格で貧しい国に競り勝つことはできます。

 

貧しい国は買えない

世界的飢餓、暴動、戦争の懸念

 

スポンサーリンク

これから日本の取るべき道

食料安全保障

食料自給率のアップ + 食料自給力のアップ

休耕地の活用  植物工場の増加を図る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました