食糧危機に備えて日本は穀物輸出禁止法を準備せよ

食品
Pocket

スポンサーリンク

中国人の買い占めを防止する法案をすぐに国会に上程してもらいたい。

中国は、洪水、バッタや害虫などで、農業が壊滅状態になっている。

前回小麦が中国人に買い占められ、日本のスーパーから小麦粉がなくなったが、今回も中国の食糧危機によって、日本の大事な穀物が買い占められる危険性がある。アリババのジャックマー日本の北海道の食料を買い占めようとしています。

jジャクマーの日本営業許可を止めるべきですね。 やりたい放題ですよ。食物輸送の出先機関がやってる事を知っててわざわざ放置しているなら先進国でも何でもなく三流以下以下の外患誘致罪です。国防が何も出来ていない。

すぐに穀物輸出禁止法を作らないと、秋にはコメや農作物を中国人に買い占められたら、日本の食料需給率が37%しかないので、日本は食糧危機になって多くの人が、飢え死にしてしまします。
政府は、すぐに農民から米や小麦、ジャガイモなどを買い上げ備蓄も考えないといけないのではないでしょうか?
中国人、中国系企業の農地、土地不動産も禁止しましょう。北海道の土地の5分の1は中国に買われました。
もう中共とのつき合いは、ほどほどにしたほうがいい。

 

タイトルとURLをコピーしました