トランプ大統領は、中国への制裁政策を発表 香港の金融国家崩壊

政治
Pocket

スポンサーリンク

トランプ大統領の中国政策に重大変化 一連の制裁措置を5月29日午後記者会見で発表

 

新唐人TVより 2020/05/30

1.香港への優遇処置の解除

2.中国の上場企業の調査

3.中国共産党幹部への制裁

理由
中国政府は違法なスパイ活動を通じて、アメリカの工業機密、大量の機密を窃取した。
大学や研究機関にいる中国人の留学生、研究生によって、大学の研究成果が奪われた。潜在的な安全リスクとみなして、中国からの入国を停止する。

アメリカの投資家を守り、金融市場の公正性と透明性を高めるために、アメリカのに上場している中国企業の調査を行う。

WHOは、中国と共謀して、疫病を隠ぺいしたことによって、世界的なパンデミックをもたらしました。トランプ大統領は、WHOとの関係を断つと表明しました。

中共が香港で国家安全法を強引に施行するのは、1984年に署名した中英共同宣言を公然と踏みにじり基本法に違反していると指摘。香港はもはや高度な自治権を享受できないため、金融センターとしての特別の地位を失うことになる。中国は香港を一国一制度にしたために、香港を特別扱いにすることをやめる。

香港の自由を侵食する中国や香港の政府関係者に制裁を加えると発表しました。

スポンサーリンク

香港国家安全法で中国経済は崩壊する

 

中国は何が起きているのか?

コロナパンデミックのために、世界的に貿易が縮小してきている。
中国の製品が売れない。  外貨が減っていく

外貨準備高を担保にして、通貨を発行している中国では
外貨が減ると、通貨を発行できなくなる。

そうすると市場に資金がなくなるので、企業に資金が回らなくなる。

そうすると資金不足で倒産する企業が増える。

輸出を増やすために、元安にすると、輸出する商品の値段を安く設定できるのですが、

元安になると、元の価値がなるなるので、お金を持っている富裕層、共産党幹部は、元からドルに両替を急ぐので、ますます外貨準備高が減ってくる。

貨幣の価値が下がると物の値段が上がることとなるので、インフレが加速することになり、それが度を過ぎると、ハイパーインフレになるこのになります。

スポンサーリンク

中国へ進出している日本企業は、今すぐ撤退せよ

トランプ大統領は、今回中国に戦争も辞さない強い警告をしたわけです。

このトランプ大統領の発言で、明らかに中国共産党政権は、近いうちに倒れる可能性が高いと多くの政治経済の評論家や著名な方は言われています。

台湾、アメリカは母国に早く帰ってこいと多くの企業に呼び掛けています。

アップルはすでに、生産国をインドや別の国に比重を移すことを決めています。

台湾の蔡英文総統は、中国に工場を持っていた企業に、もし台湾に戻ってくるのであれば、税制面、資金面で優遇ことを発表し多くの企業が台湾回帰で、台湾の経済や失業率の改善がはかられ、景気も上昇しています。

今こそ、中国に忖度しないで、自由主義国のアメリカと手を携えて、世界をリードすべき時期が来ていると思います。

タイトルとURLをコピーしました