習近平妻彭麗媛と娘とも別居前妻とも離婚その原因はなにか

海外トピックス
Pocket

スポンサーリンク

周近平の武漢肺炎の隠蔽と香港弾圧に対して妻と娘が反発、別居中

月間中国で、元共産党幹部で現在日本に帰化し、最新の中国の現状を世界各国にいる、友人や豊富な情報網から日々情報を流している鳴霞さんからの情報をお伝えします。

スポンサーリンク

周金平の妻彭麗媛は、どんな人

中国国家主席夫人 彭麗媛(ほう・れいえん)
1962年、中国山東省生まれ。父が県文化会館館長、母が劇団員という芸術一家で育ち、14歳で山東芸術学校に入学。18歳で軍に入隊し、人民解放軍専属歌手として活躍する。82年、「中国の紅白歌合戦」と言われる「春節聯歓晩会」に出演。86年、離婚歴のある習氏と知り合い、翌年結婚。1女の母。中国人民解放軍少将。

スポンサーリンク

彭麗媛はあげまん

政治実績のない習近平が総書記の座に付けたのは、妻のおかげだといううわさです。

彭麗媛さんが、解放軍総政治部歌舞団の歌姫が持つ国民的人気と軍部の圧倒的支持があったからこそ、総書記の位にたどり着くことが出来たといっても過言ではない。

妻の彭麗媛さんは、中国の国民的歌手として、中国の紅白歌合戦には常連出場。

夫の習近平よりも国民の認知度は高い。

生まれ持った素晴らしい歌声、野心と努力で国民的スターの地位を勝ち取った。

中国べとナム戦争時に、志願して慰問に行く勇気。家庭内離婚がささやかれても、メディアの前ではあくまで「幸せな夫婦」を演じきる忍耐強さ。海外公演で身につけた国際センス(英語はペラペラ)自身のイメージづくりもうまく、海外からの評価も非常に高い。

スポンサーリンク

娘 周明沢(しゅうめいたく)とはどんな人

1992年(27歳)生まれの明沢氏は浙江大学を卒業後、ハーバード大学に留学した。

目元が父親ゆずりで、よく似ている。(引用 Twitter WebAPP2019年10月14日)

台湾メディア、明沢氏は昨年末か今年初め頃から再び米国に移り住んでいると伝えた。中国の複雑な権力闘争や厳格な治安維持体制に嫌気が差し、移住を希望。習氏がそれを許可した。

ハーバード大学在学中に香港の友達も多く、香港の友人からの情報を聞いている。お父さんの武漢肺炎の情報隠蔽や香港市民への弾圧に反発し、母親とも一緒に父親の元から離れ、母親と一緒にアメリカに在住し、周近平とは別居中だということです。

スポンサーリンク

周近平はバツイチだが前妻柯玲玲に未練があったと前妻が告白

インタビュアーらしき男性と写る、習近平の前妻・柯玲玲(右)とされる女性 Photo: WeChat

周近平主席の最初の妻は、柯玲玲(かれいれい)さんんは、元中国在位英国大使柯華氏の娘。習近平よりも2つ年上。

周近平が1週間に一度しか風呂に入らないでも平気だったこと、妻の話など聞く耳を持たなかった。夫婦間の会話がなかったこと、紋切り型で融通が利かない頑固さなどに嫌気がさし、わずか3年で結婚生活は終わった。ほとんど毎日ケンカが絶えなかったそうです。

現在前妻は、イギリスに住んでおられます。

 

スポンサーリンク

周近平は中国の最後の国家主席・ラストエンペラーになるかも

周近平は家族からも見放され、世界各国からも批判を受け、アメリカからも制裁を受ける。国民や軍部からは、命を狙われ、たびたび暗殺未遂事件が起きている。

習近平は、あまりにもひどい政策、チベット、ウイグル自治区の住民に対する人権侵害、生きたまま臓器移植用の心臓などを取り出す、など普通の人間では考えられないようなことをする。

また他の国の土地、島を略奪。資金援助と言いながら多額の資金を高利で貸付、開発する工事業者は中国企業、労働者は中国人を送り、現地の人を使わず、利益を現地に還元しないやり方。返済できなければ、その国の港や土地を摂取する。

新幹線の設置で、できもしない計画を、日本の出した計画をぱっくり、同じ内容でインドネシアに低金利で貸し付けると言って、日本から新幹線を奪い取る。しかし実際はまだできていない。

これまでのコロナウイルスの発生を隠ぺい、またコロナ関連で、粗悪な商品を売りつける。

アメリカ、ヨーロッパに生物兵器を拡散したのではないかと疑われ、アメリカによって調査中。

すべてひどいやり口で、世界から賠償金 1京1000兆円(中国のGDPの7年分) 天文学的な数字を請求される。このままでは世界から見放され、中国共産党政府の寿命は、長くないとも思われる。周近平はラストエンペラーになる運命かも、

神からも今中国には、地震、雷、雨、あられ、害虫、疫病、暴動、暗殺、あらゆる処罰を受けつつありあります。

神様の存在を認めず、人々を管理し、苦しめ、搾取し、共産党幹部だけが甘い汁を吸う。そんなことをいつまでも、神は許さない。

早く中国に民主的で、信仰心を持ち、多くの民を幸福にするような新しい政権が早く生まれることを望みます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました