ツマジロクサヨトウ(夜盗虫)が中国南部で穀物をすでに食い荒らしている。食糧危機が近ずいている。

災害
Pocket

スポンサーリンク

中国 ガの幼虫(ツマジロクサヨトウ 夜盗虫)の被害拡大中

 


 2020年2月26日の動画 自由時報(2月25日)より

ツマジロクサヨトウが激増 2億畝の畑が被害を受けています。すでに60万畝(4万ヘクタール)の畑でこの虫が発生しています。

これは2019年の60倍の規模で、予測では1億畝(666万ヘクタール)の畑が防虫対策が必要であると言われています。

昨年11月から今年の1月までに、西南省、華南省など6省のトウモロコシ畑において、農作持つの被害が広がっています。

また雲南、四川などでは、小麦畑でも虫が存在して、繁殖をしています。

今年の被害は昨年同時期に比べて90倍の規模になっています。

防虫対策が必要な農地は1億畝であり、春の気温上昇に伴い大量のガの幼虫が北上するため、全土ので防虫の対策が必要だと言われています。

ツマジロクサヨトウのことは、別名無敵の破壊王とも言われ、繁殖力があり、飛行範囲が広く、防虫対策が非常に難しいと言われています。天敵もいないこと

まだアジアに上陸してから、そんなに立っていないので、有効な駆除の方法が見つかっていません。今年のトウモロコシは、20%から70%の減産が予想されているそうです。

 

 日本にもすでに来ている。


 

食欲がすごい
トウモロコシ、稲、サトウキビ、小麦、野菜、綿花など80種類以上を食い尽くす。

トウモロコシ畑作付け面積の50%以上が脅威にさらされている。
食料の殺し屋   農薬が効かない(抗体ができている)

機動力がすごい  500㎞ 一晩で100㎞を移動する。
2019年間¥五島でも国内で初めて発見された。

発祥地 南アメリカ 2016年にアフリカ渡る。
2017年 インドで発見
2018年 中国で発見
2019年 台湾に上陸 日本でも発見された。

繁殖力がすごい
一生のうちに1000個から2000個の卵を産む
玉子が幼虫に不可するも数日と驚異のスピードで繁殖
次世界の卵を産むまでのサイクルはわずか30日

2000匹の卵 → 200万匹  → 2000億匹
30日後      30日後

幼虫の大きさ4cm

繁殖のスピードが速いので、駆除をすることは不可能だと言われています。

農林省  ツマジロクサヨトウに関する情報
見つけたらすぐに報告してほしいと言っています。
https://www.maff.go.jp/j/syouan/syokubo/keneki/k_kokunai/tumajiro.html

農林省からの注意喚起のチラシ

これは泣き面に蜂ですが、これは神様からの中国に対する天罰としか考えられない。と考えます。

 

スポンサーリンク

その次には中国に砂漠飛びバッタば迫っています。

 

タイトルとURLをコピーしました